稲城稲門会のホームページへようこそ

早稲田大学校友会 稲城稲門会事務局 

早稲田大学校友会東京三多摩支部

稲城稲門会について


    本会は、「稲城稲門会会則」(1985年3月制定)にあるように、1985年(昭和60年)6月に設立され、2020年(令和2年)に設立35年周年を迎えました。現在の会員数は準会員も含めて80名です。
   本会の目的を簡単に要約すると、「会員相互の親睦強化をもとに、稲城市民の文化・教育事業に寄与して、早稲田大学の名声を高め、さらに大学の発展に貢献する。」(2019年度総会資料より)ことです。
   そのために、6月の総会や1月の新年会などの定例行事をはじめ、山歩きの会、ゴルフ同好会、歴史散歩の会などのイベント・同好会活動を定期的に行っています。また、毎年10月の早稲田大学卒業生による「稲門祭」で活動したり、市民公開講演会などを開催したりしています。 





<2019年度の重点施策>

1、会員の増強。特に団塊世代・女性・若手の勧誘 に努める。

2、同好会活動促進による会員相互の研鑽・交流を強化する。

3、稲城市民と社会・文化を学ぶ行事開催などで地域貢献する活動を行う。

ご 挨 拶 

                                                                                会 長 :石 井 正 之  

   私が稲城稲門会の代表幹事をかつて担任し、今、会長を担任しているのは、稲城稲門会を存続するための、恩返しと思ってやってきました。なぜ、感謝しているかと言えば、稲城稲門会で良き先輩にめぐり会えたからです。そのお陰で、勉強することが増えましたし、料理もできるようになりました。

    人生を楽しく過ごすには、自分が何かをした方が良いと思います。企業を卒業したら何もすることが無い、地元で知り合いがいない、となると引きこもり、認知症にまっしぐらになります。誰かと楽しくつきあえれば、毎日が楽しくて気持ちが明るくなります。
    脳が活性化して認知症予防にもなります。稲城稲門会には、貴方(貴女)と環境が似た人、同じことに関心がある人を見つけることができると思います。

稲城稲門会会則 

                                                                                           2 0 1 9 年 6 月 2 日改定
第1条   本会は、稲城稲門会(いなぎとうもんかい)と称し、1985年6月1日に設立する。事務所を会計 幹事宅に置く。                                                                 

第2条   本会は、会員相互の親睦を図り、早稲田大学の発展に協力し、あわせて稲城の文化向上に寄 与することを目的とする。                                                   

第3条   本会は、稲城市に在住、在職する早稲田大学卒業生を会員として組織する。またこれに準ず る者が役員会の承認を得て会員となることができる。

   -2   本会を支援する者が役員会の承認を得て準会員となることができる。    

第4条   本会に次の役員をおく。

   会長1名 副会長 若干名 代表幹事 1名 幹事 若干名 監査 若干名    
   但し、 幹事は会計幹事1名以上を含む。                                                          

第5条    役員は、総会において会員の中から選出する。                                              

  -2    役員の任期は2年とし、再選を妨げない。 

  -3    代表幹事及び会計幹事は、会長が幹事の中から指名する。                         

第6条    会長は、本会を代表し、会務を総理する。  

  -2    副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代理する。        

  -3    幹事は会長の諮問に応じ、会の総合的事業計画及び会務について協議、執行する。
  -4    監査は、会計監査に当たる。

第7条   本会は総会の決議により顧問若干名を置くことができる。                         

第8条   本会は、毎年1回定期総会を開催する。但し、会長が必要と認めたときは、役員会の議をへて臨時総会を開催することができる。

  -2    総会は会長が招集する。

第9条   役員会は、正副会長、幹事をもって構成し、必要に応じ会長が招集して、本会運営に関する事項を審議する。                                                   

第10条   本会の運営費は、会費、寄付金及びその他の収入をもって、これに充てる。

第11条   本会会員の年会費は、2,000円とする。                                            

第12条   本会の会計年度は、4月に始まり翌年3月に終わる。                 

第13条   本会の会則を改正しようとするときは、総会出席会員の過半数の同意を必要とする。

   附則                                                                                                  

  •     本会則に定めるもののほか必要な事項は役員会において定める。